ふじやまブログ

起業します。

2016.11.26
カテゴリー : ブログ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-26-14-25-16

33歳の時に起業するという決断

写真は私が27歳の時に「開業ノート」をつけ始めたときに決断したもの。
しかし状況は変わり、

20代最後の歳に独立しちゃいました。

私が独立して思ったこと、
これまでの道のりを振り返って改めてそーだったのかと気づいたことのひとつに、

書く」

ということがあります。

書いたことは実現する。実現しやすくなる。
頭の中で思っていることは忘れてしまうし、
どーでもいいこととなってしまいがちです。

書いて、自分の目で認識して、
もう一度潜在意識に叩き込むことが大事なんだなーと

私が新入社員として入社してすぐのことですが、
自分の人生設計をしました。
将来設計をプライべートとビジネスの二つに分けて書いた

書いたことすら忘れていたのですが、
先日引越しのタイミングでたまたま昔書いた人生設計を眺めていたら、
書いた7割を達成していたのです。

改めて計画って大事だなと。
しっかりと意識できると本当はもっと良かったと思いますが。

著名なコンサルタントであるブライアントトレーシーが
「明確な目標と具体的な行動を紙に書き留めている人は3%にも満たない。
この3%の人は、目標を明記していない人と比べると、
10倍もの収益を上げている」
と言ってました。

だから書く!!

書くことによって現実が手に入りやすくなります。
私も33歳に起業すると書いて

いろんな人に宣言していました。
これも重要だなと思います。
宣言することによって退路を断つ。覚悟を決めることができます。

だから実際には20代で独立することができたのだと確信しています。

早まった理由は、
私が33歳になった時のイメージをしたとき
会社員としての成長と、今起業してもがいた後の33歳の時の自分とどちらが
成長しているだろうか、どっちがかっこいいか。
そんなことをイメージしていたら
いま起業したほうがはるかかなた想像を超えるポジションにいたためということもありますが。

それもこれも、まず自分の頭の中で思っていることを
書き出したことがスタートでした。

だから、これからブログを書いていきます。

あなたも今やりたいなと思っていることを紙に書いて宣言してみてください。

必ず気づくことがあり、きっと明るい未来が開けるはずです。

藤田勇樹のfacebook
https://www.facebook.com/yuki.fijita